オリジナルTシャツの種類や素材

TシャツオリジナルTシャツと一言で言っても、その用途やデザインなどは作る側の個性が出るものです。そして、オリジナルTシャツはTシャツですので、基本的には夏に着用することが多いでしょう。夏に着るTシャツと言っても色々なTシャツがありますので、今回はオリジナルTシャツを制作する上で使われるTシャツの種類や素材などについてみなさんに紹介させていただきます。

オリジナルTシャツの中でも今人気な素材はドライTシャツです。このドライTシャツは、汗を吸収してから乾かす機能に優れていて、前述した通り夏に着用することが多いオリジナルTシャツです。汗をいかに吸収してその汗をいかに早く乾かす素材なのか、という部分は依頼者側がこだわる一つのポイントと言えるでしょう。オリジナルTシャツ制作する側も試行錯誤しながら依頼者側の希望にできる限り応えようと企業努力をしているのです。

そして、オリジナルTシャツはその名前の通りオリジナルですので、ドライTシャツのように素材にこだわる依頼者もいれば、デザインなどもお任せで制作する方も多いです。素材やデザイン内容などによって無数に作ることができるオリジナルTシャツはこれからも需要がある商品になることは間違いないと言えるでしょう。


オリジナルTシャツの用途

学園祭部活動で今、多くの学校が取り入れているオリジナルTシャツですが、部活動以外でもこのオリジナルTシャツを制作して使っているケースがあります。部活動では、実際にその部活を行う際に着用したり、試合などがあった場合に着用したりという用途がありますが、それ以外でオリジナルTシャツを使うとなるとどのような場面で使うのでしょうか?

まず、部活動と同じく学校で使うことが多いのは、文化祭でしょう。文化祭も部活動で使用するオリジナルTシャツの用途理由と似ていて、クラス単位で特色を出す物として扱われる一方、クラス全員で同じオリジナルTシャツを着用することで団結力が増し、文化祭で出す催しものをクラス全員で作り上げていこうという思いが自然と湧いてくるものです

その他の用途としては、少数派かもしれませんが、個人的にオリジナルTシャツを制作しているパターンです。オシャレに敏感な人ほど、他の人と洋服がかぶりたくないという思いがあります。そのような理由から、どこのお店でも取り扱っていない自分が考えたオリジナルTシャツを制作するということがあります。オリジナルTシャツは部活動などチームとして制作するイメージが強いですが、このように個人でも制作してくれる会社はありますので、オリジナルTシャツの需要がさらに広がります。


オリジナルTシャツの制作について

運動部学生時代に運動部でも文化部でも何かしらの部活動に入っていた方は多いかと思います。部活動は学生時代の時間を多く費やす部分で非常に思い出深い学生生活の一つでもあります。昔の人はあまり馴染みがないかもしれませんが、現代の若者は部活動ごとでオリジナルの物を作っていることが多くなってきています。その中でも、オリジナルTシャツは1番と言って良いほど、学生からの人気が高い商品であると言えます。今回はこのオリジナルTシャツについてみなさんにご紹介します。

まずオリジナルTシャツとはどういう物なのかというと、その名前の通り、市販品ではなく独自のペイントや文字、デザインなどを考え、それをもとにイメージ通りの世界に一つしかないTシャツを作るというものです。

それでは部活動でなぜこのオリジナルTシャツを作成するのでしょうか?それは、どんな部活動であっても大会やコンテストなど、目指すところがみんな一緒で、チームワークを高めるためにもみんなで同じTシャツを着、さらに団結力が高まるといった理由でこのオリジナルTシャツを作る場合が多いです。前述した通り、オリジナルTシャツは世界に一つしかないTシャツになりますので、部活動で使うという目的以外に学校を卒業したあとに形として思い出が残ります。数年後に見た時にとても良い思い出の品として残すことができるのです。制作するにあたってはもちろん費用がかかりますが、結果的にその費用以上の効果を生み出す物だと思いますので、ぜひおすすめです。